法人ETCカードナビ

貴社のニーズにあったおすすめのカードがきっと見つかる!

高速情報協同組合

高速情報協同組合の出資金(積立金)はなぜ必要か?

投稿日:

高速情報協同組合で法人ETCカードを作る場合、組合加入時に1社につき1万円の出資金(積立金)が必要になります。

ETCカードを作る時の諸経費を見ていくと、出資金が一番高額なためなぜ払わなければならないのか気になる方もいるのではないかと思います。

高速情報協同組合の公式サイト では「組合脱退時に返金されます」といった説明がされていますが、そもそも何のために支払わなければならないのでしょうか?

答えは事業の性質にありました!

qimono / Pixabay

高速情報協同組合は協同組合です。協同組合とは複数の法人が共同で資金を出し合って相互扶助の元に運営されている団体のことです。従って、ETCカーの発行など組合の事業を利用するには、出資金を出して組合の一員として加わる必要があります。

ETCカードを利用しなくなった場合、組合から脱退することになりますが、出資金として預けた1万円は全額返金されます。

高速情報協同組合でETCカードを作ると、出資金をはじめとして、カード発行手数料、年会費、事務手数料など、高速道路の利用料金以外にもある程度の出費も必要となります。

ETCカードの利用に伴う出費とメリットをしっかり理解して、高速道路をお得に使っていきましょう。

-高速情報協同組合
-

Copyright© 法人ETCカードナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.